スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- |   トップへ↑
[18] 2003 10 12 BALI
朝の4時から腹痛で目が覚める。昨夜のバビたちが腹で大暴れをしてるらしい。速攻トイレに駆け込み、お腹の中から出て行ってもらった。案外あっさりと退去してくれた。まるはバビたちに安眠を邪魔されることなく大丈夫のようだ。少し腹を落ち着けて、せっかく起きたことだし、たまった日記を書いたりしてが、いつの間にかペンを持ちながら寝てしまってた。なんだか象形文字のような日記になってる。誰がこれを解読できるのだろう。8時ごろまた目が覚め、いつのもようにシャワーと洗濯。まるも珍しく起きてきて、腹が減ったので食い物を調達すると出かけていった。Tちゃんから電話が来る。今日時間が取れるので夕方デンパサールで食事でもしようとのことだ、万歳。もちろん毎日がヒマなので即OKなんだけど、まるが不在なので後で電話しますといった。まるがカップのミゴレンを手に戻ってきた。Tちゃんからの話を説明し折り返し電話、デンパサールで6時にと約束する。デンパサはほとんどわからないので、2度ほど行ったことのあるティアラデワタのフードコートで待ち合わせることにした。
ミゴレンに湯を注いでたことを一瞬忘れお湯を捨てるタイミングが遅くなった。かなりやわらかめのミゴレンが出来上がったが、それはそれでなかなかイケル。伸びたミゴレンを堪能してるところにKから「何やってんの?」と電話がきた。夕方から出かけるというと「じゃ、いまから遊びに言っていい?」。それは今から呑もうといってるのだな。酒は昨日ウブドで買ってきたラム(何でウブドで酒を買う?)があるだけ。ストレートで飲むわけに行かないのでコーラを買ってきてとお願いした。 コーラを持たされてるNを引き連れてKが現れた。さっそくラムを割って呑む。Kはラムに納得が行かないらしく、Nにお金を渡して近くのワルンに行かせた。パシリ、否、お使いから戻ったNは手にAQUAのボトルに入ったアラックをかかえてる。つまみにピーナッツも買ってきた。それにしてもこのアラック、Tちゃんが調達してくれたのと違って、少し濁っている。あきらかに毛色が違う。呑んでみたら案の定あまりおいしくない。今朝バビの襲撃を受けたあたしとしてはこれは呑まないほうがいいんじゃないかと直感で思い、ラムをチビチビやりながらピーナッツを頬張った。Nはおもむろに、さっき写真屋からとって来たばかりという写真を出してきた。なんでも、日本人から防水の写るんですをもらい、友達らとサーフィンしてるところを映したんだという。だけどカメラをもらった当の本人Nは皆を映すのに一生懸命になり、自分を映してもらうのを忘れたらしい。・・・どこまでパシリ体質なんだろう。こっちの写真って、サイズがでかく仕上がるんだな。なかなかいいかもしれない。まだ時間も昼前。当然掃除職人らがやってくる。ハローオヤジは遠慮がちに「いい?」なんて言ってる。とりあえず掃除の間4人でベランダに出る。Kは見た目、恐らくとても怖いイメージがあるんだと思う。お掃除職人ズはKと目を合わせないように、あっという間に済ませて帰っていった。3時くらい「これからまた波乗りするよ」と2人寄り添うように帰っていった。昼の11頃から酒を飲んで波乗りって大丈夫なんだろうか? Kたちが帰った後、夕方出かけるまで少し横になる。1時間くらい寝て、そろそろ出かける準備をしようとすると、やっとまるの腹の中のバビが暴れだしてきたようだ。あたしは朝のうちにすっきりとバビたちに出て行ってもらったが、まるはその痛みが今きたらしい。あたしの反応が早いのか、まるの反応が鈍いのか、二人の胃の働きに少々ズレがあるらしい。あ!だからあたしはいつも腹が減るのが早いのか。 

まるの腹も落ち着いて、宿の前でブルーバードを止めた。今日は素直に青い鳥タクシーが来たな。車に乗り込み「デンパサールまで」と告げると、運転手、一瞬固まり「デンパサールは混んでるからいけない」とぬかした。「え?!でも約束があるから行ってもらわないと困る」「セレモニーがあってすごい渋滞」「わたしもう足が疲れたよ」なんだこの運転手、まったく車を走らせる気がない。終いには「降りてくれ」と言われてしまった。乗車拒否かよ!そんなに言うほど混んでるんだろうか?他のタクシーも同じなんだろうか?すごく困ってTちゃんに電話で聞いてみると「そんなことはない」と言う。他のタクシーをチャレンジしてみる。また青い鳥を止め、遠慮がちに「デンパサールなんだけど・・」と質問口調で聞くと、あっさり「OK!」。何がなんだかわけわからず。車をデンパサールに進めるが、いったいどこが混んでいるのだ?と首をかしげるほどスムーズ。しかも2番手青い鳥の運転手はよく道を知ってるらしく、いつもより早く着いた。最初の運転手は、よっぽど疲れてたんだろうな。近くまで乗っても「ええっ?!近いよぉ~」とか文句言うくせに、ちょっと遠いとこだと乗車拒否なのかよ。でも運転しすぎて足が筋肉痛(そんなのありえるか?)のドライバーに大事な命はあずけられないけどね。ギリギリで宿を出発したわりには、こんな訳で早めについたので、ティアラデワタの文具屋に2冊目の日記帳を買いに行く。3週間には充分じゃないかと思われる厚さのノートを用意したが、残り1週間分書くページがなくなるほどべちの日記は日ごとに長くなってる。まさに分刻み。あたしがノートを選んでいる間、まるは妙に足の長いプードルのぬいぐるみを手にしてた。しまった・・・ノートに夢中でまるを監視するのを忘れてたよ。

買い物を済ませて1階のフードコートに行くと、すでにTちゃん親子が待っていてくれた。娘さんがとても可愛らしい。目がクリクリでキュート。なかなか目を合わせてくれないのはきっとシャイなお嬢ちゃんだからだよね?決してあたしらが怖いからじゃないよね?でもこんなデカイ女を見るのは生まれて初めてかもしれないな。しかも2人揃って。「何を食べたい?」「シーフードとか、そばとか・・」と希望を聞かれ、そういえばシーフード食ってない!と、シーフードをリクエスト。さっそくTちゃんのご主人の運転でシーフードレストランに向かうことになった。Tちゃんちの車はちょうど車検だか(バリで車検はないか?)修理に出してるとかで、車屋さんからの代車のワーゲンだった。「うわぁ!バリでワーゲンだなんてかわいい!」なんて喜んだけど、まるべち座高も高いので、乗り込んだら首が30度くらい右に曲がっちゃった(笑)後輪も沈んだかも。デンパサールほとんどビギナーのあたしら、どこを走ってるのすらわからず首を曲げつつキョロキョロ。数分後、目的のレストランに到着。どうやらここは中華屋さん(こう書くとラーメン屋を想像するな)。中央にクルクルまわる台がある円卓が並んでいたからきっと本物の中華屋さんなのだ。こういうとこ初めて。メニューに載ってるものはわかる範囲でもどれも美味しそうで、でもほとんどが未知の味。なのでオーダーはTちゃんにお願いした。一生懸命まるべちの食べたそうなのを頼んでくれた。ビールで乾杯するとさっそく料理が運ばれてきてあっという間にテーブルがいっぱいになる。いつも2人ご飯のあたしらにとって、こんなに豪快にたくさんの料理を前にするのは久しぶりだよ。ビールも飲むが、おかずが辛くて激旨なのでご飯も進む進む。大好きなトムヤムクンはまるべちなりにどこがおいしいというランキングがあったんだけど、ここのが今まで(超長い人生)生きてきた中で最高です。ただしまるべち一押しのトムヤムクンを出す店は、それをメニューからはずしてたり、店自体がなくなったりというジンクスがあるので気をつけてね、このおいしい中華屋さん(店名を忘れた)。あんなにあった料理もきっちり胃の中におさまった。中華屋さんは次々とお客が途絶えることなく入ってきており満席状態。食い終わったあたしらのテーブルにはしきりに食器下げ係がやってくる。はい、帰れってことですね。じゃ、お会計を!と思ったら、Tちゃんの旦那さんが、もう済ませて来たよ、とさりげなく出口に促してくれた。さっき席を立ったとき、人知れずお会計を済ませて下さったらしい。なんてジェントルマンなんだろう(涙)。せめてあたしらの分だけでも~と払おうとすると受け取ってくれなかった。どうしよう、そもそもワリカン体質のまるべち、こんな時どうしていいのかわからず目が泳いでしまう。あんなにたらふく食っちゃったじゃないかぁ~!ビールもおかわりしちゃったよ~!なんてことが頭の中をグルグルとまわってた。帰りも送っていくよといわれ、目が泳いだまま「そんな奥さんクタ方面は混んでますから、大丈夫です。タクシーの乗り方知ってますから」とおどけてみたが、結局お言葉に甘え、また頭を30度くらい右に傾けて車に乗り込んだ。本当に申し訳ないっす。そして帰りのお世話までしてもらい、スミニャックの入り口で車をとめてもらう。テロのあったあの日は、ちょうど去年の今日。きっとここから先はセレモニーかなんかで渋滞してると思われる。車を降りて見送ろうとするとTちゃんが「昨日お祭で買ったから」とお祭で売られてるというお菓子を手渡してくれた。ご馳走してもらった上に土産までもらっちゃってほんとに申し訳ない・・。滞在も残り少ないので、今回Tちゃんと会うのはこれが最後になるだろう・・・と名残惜しく見送って、宿へと歩き始めた。途中スーパーによって帰国までに必要な生活用品を買う。つっても飲み物(アルコール)中心、そしておごられちゃったもんだからなにかお金に余裕があるような気がして財布の紐も緩くなり、ちょっと気になる商品は悩む前に買い物カゴに入れられて大荷物になってしまった。あまりの荷物の重さに、ここから宿まではそれほど遠くないのにタクシーで帰ることにした(懲りずに)

宿に戻る。SMSでKが今から来るって。K購入のアラックが部屋にボトルキープしてあるので飲みに来るらしい。しばらくすると鼻息荒く怒りながらKがやってきた。どうやら宿のレストランでオージーのおじーさんに「HEY!Mrジゴロ、カミン!」とか言われたらしい。すっごいプリップリに怒ってたが「オジ-さんだからボコボコにするの可哀想だから我慢したよ」だと。今怒ってたかと思えば「Nはさっき飲みすぎて、ゲロゲロになったから来ないよ」なんて寂しそうに言う。そして飲み始めると今度は昔の話しをはじめる。お前は飲兵衛の親父か! 自分が満足するくらい話し終わったところで、あたしがそれについて感想を述べようとすると「また、昔の話!」って。おいおい、Kが最初に言い始めたんでないか!見てて飽きないのはいいが勝手な奴だ。「ちょっとトイレ」のKの声に、2人口をそろえて「ドア閉めなくていいよぉ~」と叫ぶと(お約束)、Kは何かを期待してかほんとにトイレのドアを閉めずに入ってた。もちろんのぞくつもりはないんだけど。あ、どちらにしても死角なので見えてないよ、ホントだよ(言い訳がましいとこが怪しいが)。ドアを閉めないもんだからKの独り言がまる聞こえ。バスルームには便器の前に全身を映す壁一面の鏡があるんだけど(毎日それを見ながら用をたす)おそらくその鏡に自分を映し、さっきジゴロと呼んだオージーおじーさんのこと思い出したんだと思う。でっかい声で「ジゴロなんだって!」って。自分でも改めて鏡を見て、ジゴロに見えるかも、と思ったんだろうか?確かに会社員風ではない(つか、バリで会社員風の人にお目にかかったことないけど)ブツブツと独り言で「ムカツク!」「おじーさんだけどパンチしちゃうかな」そりゃ日本語達者だけど独り言まで日本語かよ。もう笑いを堪えられずゲラゲラ笑った。Kは本気で傷ついてたんだと思うけど面白すぎる。勢いよくバスルームから出てきたかと思えば、そのまま部屋を出てベランダからレストランの様子を伺ってる。すでにレストランの客は退けてて、Kをジゴロ扱いしたオージーおじーさんもいなくなってたようだ。良かったよ、けが人が出なくて。フガフガしながら飲み始めたが、すぐに怒りが治まったようでまたベラベラと一人で喋り始めた。Kが「ゲームしよっか」と提案。いろいろゲームを考えたが結局3人でできることといえば"ジャンケン一気飲み大会"くらい。そうしてあたしらなりに"3"という数字にこだわった、後に"悪魔のゲーム"と評されるものが始まった。3人だから"3"。ジャンケンに負けたらビールを飲むのを3回戦、次はそれにアラックをまぜて3回戦、次はライムも入れて3回戦と言った感じに何でも3回繰り返す。まるはこのジャンケンに続けて6回負け、続けて6杯一気飲みをしてた。Kとあたしから「なかなか飲めないじゃん!」とクレームまでつけられるまる。グラスに3フィンガーほど注がれてるだけだが、アラックを入れ始めた頃から「こりゃやばい」とさすがに思った。少し間を置いてやろうよといっても、Kはノリノリですぐに罰ゲームの酒を用意し「早く!ジャンケン!」とすごく楽しそうだ。あたしもKも何度かは負けたがまるほどではない。ほどよく酒を飲み干して少し物足りなさを感じる程度だった。Kは「なんていうか、自分は一人じゃないって気がして楽しいね」だって。どういう意味だよ。とうとうまるは気持ち悪さと、このままではヤバイのでは?という気持ちに苛まれ、トイレに駆け込み、自ら喉に手を突っ込み吐いてた。そして復活すると「早く!」とKが急かす。こんな楽しそうなKに水を差すのもなんだからルールの改正を申し出ると「じゃ3人だから今度負けたら3秒脱ぐ、それじゃなかったら3秒触らせる。それがいやなら飲む」だって。微妙にKが得するだけじゃないか?いくら相手がKでもそれはどうかと思う。負け続けのまるはがんばって飲んでたけど、吐く飲むの繰り返しだ。まるにはきついゲームだったが、お陰でKはご満悦。さっきの怒りがすっかり消えて何よりです。

Kが帰った後、さすがに飲みすぎたあたしらもすぐにベッドに倒れこんで寝てしまった。そしてあたしは激しい胃の痛みで目を覚ます。胃の中で何かが大暴れしてる。ゲンコツのようなもので胃をグググッと掻き回されてる感じ。激しい痛みが来た後にウソのように痛みがなくなるが、すぐにまた同じような痛み。これが夜中じゅう続いた。あまりの痛みで起きてるのか夢の中なのかわからず。尋常ではない事態に、まるはベッドの脇で腕組みしてあたしの様子を伺ってたそうだが、そういえばその気配も夢の中で感じてた気がする。そして同時に「強制帰国」と言う文字も脳裏に楽しそうに踊っていた。
↓コメント
 まるべちにだけ見えます
↓トラックバック
トラックバックURL
http://marbetti.blog108.fc2.com/tb.php/51-042da991
ア バ ウ ト
カ テ ゴ リ
エ ン ト リ と コ メ ン ト
ア ー カ イ ブ
ト ラ ッ ク バ ッ ク
ブ ッ ク マ ー ク
リ コ メ ン ド
バナナの蜜―下田昌克バリ島スケッチブック Bali Map
リ ン ク
サ ー チ
フ ィ ー ド
メ ー ル
marbetti[at]gmail[dot]com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。