スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- |   トップへ↑
べちのバリ日記[0417BALI2007DAY10]
07041703
朝起きてみるとやっぱりゲリ。まるも一足遅れて朝からゲリ。結果二人ともお腹が下った。てっきりあたしがアラックに適さない身体になったのかと思ったけど、まるが飲んだのは暖かいお茶でまったくアルコールを口にしてないのでそのせいではない。二人で食べたのは酢の物だったけど、酢って悪くなりにくいんじゃなかったっけ?にしても下り出したのに時差があるなぁ。まる曰く「あたし人より腸が超長いから反応するまで超時間がかかる」とダジャレ交じりの分析をしてた。

本日のBettiグラフ

本日のmArグラフ
07041704
一応あさごはんは食べたけど大事を取って2時くらいまで部屋で休む(つーかお腹が痛くなくてもいつもこのパターン)。部屋からプールの様子を伺うと、だいぶメタボ気味のオヤジが半ケツ状態でプールの中の子供たちを追い掛け回してた(逮捕されるよ)。水圧でパンツがずれてんのかと思えばプールから上がっても半ケツ。相当サイズの合わない水着らしい。でも半ケツレスラーも子供たちも楽しそうだ。

07041705
まるは今回カメラを3台持ってきてた。重い思いをして持ってきたのにもかかわらず、それらがまったく活躍してない。今日はそのうちの一台を持って出かけ撮影会の日にすることにした。まず何を写すかって言うとやっぱビーチ。ビーチへの近道でながーくほそーくくらーく出口がないかのような道があるんだけど、あたしらはその道を「行き倒れロード」と名付けている。しかし何度か通るうちに少し慣れてきたので今日からは「生き別れロード」と名前を変えた。が、生き別れることもなくビーチへたどり着く。
07041701
07041702
07041700
↑これが今をときめく行き倒れロード。あ、出口だ、やったー!

07041706
まるはすぐに持ってきたフィルムを無くす勢いで写真を取り始める。今日選ばれたカメラはデジカメじゃないやつ。久しぶりにファインダーを覗く人の姿を見た気がする(まるだけど)。宿から近いこの場所はもう何年も前からの馴染みの場所。カメラを手にしながらも自然といつものみんなのいる場所へと近づいている。2年もたってるとみんながいつもたむろっているところがいまいちどの辺なのかわからない。この辺りだったかなと思う場所をみると誰かが手を振ってこっちへおいでと手招きしてた。ビーチ側からは肉眼で誰かわからない。ああやって手を振ってる人に近寄ったら知らない人だったって事もバリでは日常茶飯事なので要注意。でもきっとあそこがいつもの場所かもなあと警戒しながらもすこしづつ近づく。手を振ってる主とあと10mって距離になったときに主はNだったってことに気づく。やっぱり知り合いか。Nはあたしらがビーチへと足を踏み入れたときから気づいてたらしい。すごい視力なんですけど(サンコン並ですか?)そんでもって「え゛!?なんでまるべちがココに?」っていう疑問を抱かず、つい最近も一緒に遊んでたかのように手を振ってみせる。その自然さはいいんだけど、ちっとは驚いて欲しいよな。Nのそばまで行くと、知った顔のビーチのおばちゃん(実は同年代だったりする)もいて、おばちゃん(同年代)達には「久しぶり!」と次々ハグされる。こりゃ「欧米か!?」とつっこみいれるチャンスか?喉が渇いたのでジュース売りからみんなの分のジュースも買って乾杯した。知らない間にジュースの輪の中に知らない人も混じってジュースを飲んでた。知らない人にまでおごっちゃった。ま、バリだからこまかいことを気にするなってか?・・・・気になるな、アンタ誰?遠くのほうから数年前まで子供のはずだったテンポラリータトゥ屋の男の子が現れて、「アホ!」とお互いいいながらハイタッチ。昔からかわいい顔をしてて今もそれは変わらないんだけど、スゲー口が悪い。やっぱりバリの神々も「天は二物を与えず」らしい。知った顔や知らない顔がその場に集まり、奇妙なかたまりができた。知らない顔のオジサン(おそらく同年代)からビニールに入ったビーチのお菓子をいただいた。カラッカラに揚げた鶏の皮らしい。オジサンの胸のポケットから次々と鶏の皮のおつまみが出てくる。あんなにちっちゃなポケットから・・・ドラえもんなのか?おいしく調理された鶏皮だけどかじった時に鶏の羽根が見えた。おいしいけど若干グロいな。ジュース売りを真ん中に輪ができた。座ってたベンチにはあたしのほかにどっかの欧米人のお坊ちゃんと地元の男子二人が座ってたけど、砂地に足が届いてるのはあたし以外いなくってみんな足がブーラブラしてる。なんかデカさでワールドチャンピオンになった気分だ。今日はビーチのおばちゃん(同年代)にネイルをしてもらう予定だったけど、もうすぐ降り出しそうな雲がすぐそこまで迫ってきてた。ビーチの労働者たちももうすぐ雨が降るという匂いがするのか、すこしづつ帰り支度を始めてる。ネイルは今度来たときにやってもらうことにして、雨が降る前にその場を退散することにした。


07041707
雨はまだだけど少しでも雨から逃れたいので、ビーチ沿いに立つどこぞのホテルの敷地の中をゲストの振りして通り抜ける。きっとこっちが近道でないか?と思われる「STAFF ONLY」とかかれたところも、さすがにスタッフの振りはできないのでゲスト面で通り抜ける。帰る途中で昨日気になったスカートをもう一度見に行こうと店の方向に足が向かってた。ディアナプラに近づくにつれて「おねぇアニキ」とすれ違う。あたしの勝手なイメージでは「おねぇアニキ」の昼間はヒゲが濃いはずと思ってたけど、ちゃーんと昼間もお手入れされてるんだ。見習わなきゃな(ヒゲソリを?)。もっと「おねぇアニキ」を眺めてたいので、通りを眺められるカフェで休憩をする。が、通りを眺めなくても、「おねぇアニキ」はこの店にいた。かわいいなぁ♪最近「これぞ男!!」ってのに興味がまったくなくなってきたまるべち、こっちの路線に行っても間違いはないのか?「おねぇアニキ」が多く出没する時間にはまだまだ早くお客さんもまばら。席にはたくさんのクッションが置いてあるもんだから、まるの目はだんだん半分になってくる。もうすぐ深い眠りに入っちゃうよ。この雰囲気だったらもっと暗くなった時間に「ちょっと飲むか」ってのにもいい店だな。まるの目がくっつかないようにいろいろと話し掛けながら、コーヒー一杯でその店に居座る。どうやら雨は降りそうで降らないらしい。
07041713
07041712
↑のんびりおねぇアニキが見れた場所


07041708
昨日見つけたスカートがどうしても気になるので、すっかり買うつもりで店に入る。目的のスカートを鏡の前で合わせたらやっぱ欲しくなった。だけどこの店に来て5分が経過するんだけど店員さんがまったく現れない。持って帰っていいの?今までの人生で万引きをしたことないからドキドキするな。店の外で子供たちを遊ばせていたおばさんに、ガラス越しのジェスチャーで「ココのおねぇちゃんは?」と聞いたら「マカン中」とジェスチャーで答えてくれた。そしておねぇちゃんを呼びに行ってくれた。昨日のおねぇちゃんもかわいかったけど、ビニール袋をぶら下げて急いで帰ってきてくれたこのおねぇちゃんもかわいい。かわいいけど店を無人にしちゃいけませんよ。見たところ監視カメラもなさそうだし。もう一度試着させてもらって、やっぱり気に入ったので購入。「このスカートにはどんなのを合わせたらいいの?」店員のおねぇちゃんに訪ねたら、昨日のおねぇちゃんと同じキャミをもってきて「コレかわいい」って。同じ形で同じ色だし・・・マニュアル化されてるな。

07041709
若干、買い物に勢いがついてきている。宿へと向かう途中、通りのお店を見てまわる。見るからに「ピンク!かわいすぎ!」ってな入るのに躊躇する店には、あたしらよりはるかにおねぇさんなお客さんが買い物してたので「あたしらもまだまだいいのか?許されるのか?なんでもありか?」と心強くする。

07041711
宿に戻ると愛想のないスタッフに「あなたたち明日引越し」と言われた。明日はあたしらより以前からこの部屋を予約してるお客さんに部屋をあけわたさなければいけない。一度部屋に戻り、引越しの準備をするがなんか面倒になってきた。まるなんかDSやってるし。8時をすぎたくらいにあたしの脳はカレーモードになり、近くのタイ料理屋までいくことにした。タイ料理屋は今日もガラ空き。ここおいしいのにおかしいなぁ。外からは道行く物売りが、奇妙なぬいぐるみを掲げてセールスしてくる。あれ、絶対まるのこと見てるよな。よっぽどまるが買いそうなお客さん面なんだろうな。ちょっとヤバイなって思ったら、まるは涼しい顔で「それ持ってる(マジ)からいらないよ」だって。そういやぁまるの車の中で見たことある。持ってなかったら買ったのか?持ってて良かったぁ~。じゃなきゃ、あの奇妙なぬいぐるみ帰国の日までダブルなベッドの枕もとに置かれるとこだったよ(前回は買うのを阻止できず、別の奇妙なぬいぐるみが枕もとにおかれてた。)

07041710
やっぱり部屋に戻っても引越しの準備はする気がない、ベッドに横になりそれぞれがDSと日記帳を手に眠りについた。
↓コメント
 まるべちにだけ見えます
近頃は
2階のスパの宣伝のためか
スタッフもわりと気配があるw
mAr at 2008.09.10 12:43 | 編集 |
ニャム避けさえ
完璧ならあんぬも必ず寝てやる。

運んでくる以外はスタッフーも気配がなかったの。
あそこはいいよー。
たどり着けないけどさ。2001年以来。←どんだけー
まりあんぬ at 2008.08.07 02:44 | 編集 |
mArの寝床
キツネのお宿疑惑のタイフードのお店はmArの寝床でもあります。あそこに行くとクッション抱えて80%寝ようとするんだよね。自宅のような安心感があるんだろうか?
べっちー at 2008.08.05 23:04 | 編集 |
緑が生い茂り
門がわかりにくくなったかも、以前に比べて。まあ2階にスパができたり(現在もあるかは不明)隣にショーケースに入ったパンを売るとこができたり(これはすぐになくなった)変化が激しいしね。でもあの辺りは新店ラッシュ地域でもなく、人気(にんきと読んでもひとけと読んでも良い)も特になく、私らにとっては落ち着く場所だからあのまま落ちぶれて欲しい(コラ
mAr at 2008.08.04 10:14 | 編集 |
そうッス!そこッス!
門、入ります!入った入った!

OFF会は是非そこで!(いつ?)
はじめね、キンカオかと思ってたの。
キツネのお宿じゃなくてちゃんとあったんだー♪
うれしいー。
まりあんぬ at 2008.08.04 00:35 | 編集 |
そこもタイ飯屋?
もしそうなら、↓先のコメントの私の返事が間違ってたかも。私らがよく通ってるタイ飯屋がその池があったりガゼボ風クッションありのところではないかな? 門、入ります。門入って右手にガゼボ、左手に座敷席(クッション並んでる)、池もありまして、噴水も、となっててまさしくそのキツネにつままれたところの事では?と。右手左手がよくこんがらがるもんで間違ってごめんよ。最初のコメントのタイ飯屋はどこのことだろ? なぞがなぞをよぶ
mAr at 2008.08.01 16:01 | 編集 |
あそこ、うまいよね。
グアムのタイ料理でひどい目にあったトラウマを覆してくれた。

あとね、66からパドマのほうに抜ける道のどこかに門をくぐって入る池があったり席が個室ガゼボ風クッションいっぱいスタイルのお店ご存じないかしら?二度といけないキツネのお宿になってしまったの。←方向音痴仲間
まりあんぬ at 2008.08.01 01:37 | 編集 |
おそれいった
さすがよくご存知だわ~奥さん~
mAr at 2008.07.30 13:29 | 編集 |
ステチー♪
写真にウットリーー♪
懐かしい…
 
タイ料理屋ってあの右手がテーブル席、左手がクッション座敷のとこかしら?
行きたいー!
まりあんぬ at 2008.07.27 13:54 | 編集 |
↓トラックバック
トラックバックURL
http://marbetti.blog108.fc2.com/tb.php/67-d8b67f56
ア バ ウ ト
カ テ ゴ リ
エ ン ト リ と コ メ ン ト
ア ー カ イ ブ
ト ラ ッ ク バ ッ ク
ブ ッ ク マ ー ク
リ コ メ ン ド
バナナの蜜―下田昌克バリ島スケッチブック Bali Map
リ ン ク
サ ー チ
フ ィ ー ド
メ ー ル
marbetti[at]gmail[dot]com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。